保険会社に相談しない

交通事故に遭ってしまった場合、殆どの人はまず保険会社に連絡すると思います。しかし、この行動には落とし穴があります。交通事故の被害にあった場合は、どのような行動が正しいのでしょうか。

交渉確かに、交通事故被害にあった場合の慰謝料や治療費など諸々の補償は加害者側の保険会社が負担してくれることが多いです。しかし、それは加害者側の過失によるものなので当然です。被害者として連絡したとしても、そこに対する賠償額を低くするほど利益が上がる仕組みである保険会社に問い合わせてみる行為は正解なのか疑問が残ります。

かといって、被害者側の保険会社に相談しても、弁護士法72条の規定により、加害者の保険会社と被害者自身が被った損害の交渉をすることが出来ません。つまり、保険会社として出来ることは、保険の内容に対して今回の損害が適応するかどうかを調べる事くらいになってしまいます。

交通事故の被害にあった場合、加害者側の保険会社に連絡をしても、なるべく賠償金の支払いを少なくしようと仕向けてきます。逆に被害に遭った人の保険会社も保険の内容が今回の事故に使えるのかどうかを確認することしか出来ません。この事には十分気をつけましょう。


→→弁護士に相談しよう