弁護士に相談しよう

交通事故の被害に遭ってしまったときには、弁護士に相談するのが正しいとされています。それは何故なのでしょうか。そこには様々なメリットが存在するからです。

弁護士まず第一に、弁護士と交通事故の被害者は利害が一致します。これは、交通事故の起きたときに発生する問題が全て弁護士の管轄内の出来事となるからです。刑事事件や免許の問題、慰謝料などを含めた損害賠償請求などは判例と法令によって判断されていきます。すなわち、弁護士に頼む事が最適となるわけです。

これだけではなく、報酬の面でも弁護士に任せた方が有利に働きます。保険会社が優先するのは、どんなに顧客第一を謳っていても自社の利益であることは間違いないです。しかし、弁護士は弁護士報酬を得る事で利益を生み出します。ある法律事務所では着手金が無料、裁判で獲得した金額の1割を報酬金としています。即ち、裁判で被害者に有利な結果を残す事が弁護士側にとっても利益となるのです。

交通事故の被害にあった場合、保険会社を通すことが決して間違っているわけではありませんが、素人にとって法律は大きな壁となります。交通事故の被害にあったときには弁護士に相談をして有利な条件を共に勝ち取りに行きましょう。


▽関連情報▽
交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

保険会社に相談しない

交通事故に遭ってしまった場合、殆どの人はまず保険会社に連絡すると思います。しかし、この行動には落とし穴があります。交通事故の被害にあった場合は、どのような行動が正しいのでしょうか。

交渉確かに、交通事故被害にあった場合の慰謝料や治療費など諸々の補償は加害者側の保険会社が負担してくれることが多いです。しかし、それは加害者側の過失によるものなので当然です。被害者として連絡したとしても、そこに対する賠償額を低くするほど利益が上がる仕組みである保険会社に問い合わせてみる行為は正解なのか疑問が残ります。

かといって、被害者側の保険会社に相談しても、弁護士法72条の規定により、加害者の保険会社と被害者自身が被った損害の交渉をすることが出来ません。つまり、保険会社として出来ることは、保険の内容に対して今回の損害が適応するかどうかを調べる事くらいになってしまいます。

交通事故の被害にあった場合、加害者側の保険会社に連絡をしても、なるべく賠償金の支払いを少なくしようと仕向けてきます。逆に被害に遭った人の保険会社も保険の内容が今回の事故に使えるのかどうかを確認することしか出来ません。この事には十分気をつけましょう。


→→弁護士に相談しよう

交通事故被害について

日常生活を生きていて、思わぬところで大きな事故に遭ってしまうことがあります。交通事故もその中の一つです。そんなときは頭がパニックになり、迂闊な行動を取ってしまい、後々後悔してしまう人も少なくありません。交通事故の被害に遭ったときには、どうすれば良いのでしょうか。

交通事故交通事故に遭ったときには、保険会社に連絡するのは、あまり賢いとは言えません。それは、保険会社が利益を追求する会社であるためです。加害者側の保険会社は出来るだけ賠償金を安くしようとするでしょうし、被害者側の保険会社は弁護士法により加害者側との交渉をすることが出来ません。そのため、交通事故の被害に遭ったとしても保険会社に出来るのは、今入っている保険が、今回の事故に適応するのかどうかを確認する程度になります。このようなときに強い味方になるのが弁護士です。弁護士は交通事故における凡ゆる要素に向けて強く、事故や裁判の対応について適切に行動を起こしてくれます。また報酬面に関しても、裁判で勝ち取った金額の何割かを弁護士側が受け取るというシステムになっているところが多いため、被害者も弁護士も共に裁判に向けて立ち向かえる体制を作り上げることが出来るのです。

交通事故の被害に遭うということは、人生で滅多にあることではありません。しかし、その分適切な対応が出来るかどうかが、その後の生活に大きく関わってしまうケースも少なくありません。このページは交通事故被害について書かれています。是非お読み下さい。


→→保険会社に相談しない