弁護士に相談しよう

交通事故の被害に遭ってしまったときには、弁護士に相談するのが正しいとされています。それは何故なのでしょうか。そこには様々なメリットが存在するからです。

弁護士まず第一に、弁護士と交通事故の被害者は利害が一致します。これは、交通事故の起きたときに発生する問題が全て弁護士の管轄内の出来事となるからです。刑事事件や免許の問題、慰謝料などを含めた損害賠償請求などは判例と法令によって判断されていきます。すなわち、弁護士に頼む事が最適となるわけです。

これだけではなく、報酬の面でも弁護士に任せた方が有利に働きます。保険会社が優先するのは、どんなに顧客第一を謳っていても自社の利益であることは間違いないです。しかし、弁護士は弁護士報酬を得る事で利益を生み出します。ある法律事務所では着手金が無料、裁判で獲得した金額の1割を報酬金としています。即ち、裁判で被害者に有利な結果を残す事が弁護士側にとっても利益となるのです。

交通事故の被害にあった場合、保険会社を通すことが決して間違っているわけではありませんが、素人にとって法律は大きな壁となります。交通事故の被害にあったときには弁護士に相談をして有利な条件を共に勝ち取りに行きましょう。


▽関連情報▽
交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所